出生率2.01まで回復したフランス 日本と欧米諸国との比較

出生率回復のフランスと低落の日本
出生率回復のフランスと低落の日本

 2月20日の21時からNHKスペシャルで「私たちのこれから ‪#‎超少子化‬ 

安心子育ての処方せん」というテーマで討論が行われました。

 この中で、1990年代に合計特殊出生率1.66まで落ち込んだものを、2010年には2.02まで回復したフランスの取り組みが紹介されました。フランスでは様々な子育て支援が実施されています。20歳までの財政支援は3人になると3900万円になるとのこと。(減税分なども含む)

 また欧米諸国との比較も紹介されました。夫の1日の家事・育児時間では日本は67分ですが、アメリカ178分、スウェーデン201分です。男性の育児休業取得率では日本は2.3%ですが、スウェーデンでは88%。

 子育てに対する国の財政支援策や男性の育児・家事への関わり方では、日本と欧米諸国では大きな開きがあることがわかります。

子育てに手厚い財政支援のフランス
子育てに手厚い財政支援のフランス
きわめて低い日本の育児休業取得率
きわめて低い日本の育児休業取得率

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    hhh (日曜日, 02 10月 2016 23:32)

    フランスの出生率が高いのは、
    第三世界のイスラム系移民が多いからだと何回言えばわかるのか?
    生粋のフランス人の出生率は日本と0.2しか変わらない1.6程度なんだがw