www.numakenji.com Blog Feed

古賀市議会・政策推進会議全体会を開催 (月, 19 8月 2019)
8月19日の午前、古賀市議会・政策推進会議全体会を開催しました。  初めての全体会であることから、政策推進会議の設置根拠やこれまでの実績などを私から説明しました。  そのあと、役員会の確認事項を提案し、以下の点を確認しました。 ①2019年度の政策課題は政策課題発表会を行い、各議員、各会派等の提案を受けたうえで役員会で選定し、全体会で決定する。 ②政策課題発表会は10月18日の議員連絡会、議員研修会終了後に行う。各議員、各会派、グループ等で10分の持ち時間でそれぞれの政策課題についてプレゼンする。課題発表の締切は10月15日の15時とする。 ③その後、役員会で政策課題を選定し、11月の議員連絡会終了後の政策推進会議全体会で決定する。調査研究に入るが調査研究の方法やスケジュールは役員会で検討する。    今回の全体会の決定により、各議員、各会派はそれぞれ政策課題の検討と発表準備に入ります。腰を据えて取り組みたいと思います。
>> 続きを読む

お盆明けの資源ゴミ分別収集 (Sun, 18 Aug 2019)
8月18日は月1回の資源ごみ分別収集でした。お盆明けなので分別ステーションには住民の皆さんが両手にいっぱいの袋を下げて集まっていました。
気温もそれほどではありませんでした。当番の皆さん、お疲れ様でした‼️
>> 続きを読む

74年目を迎えた「終戦記念日」 深い反省と不戦の誓い (Sun, 18 Aug 2019)
8月15日、敗戦から74年を迎えました。政府主催の全国戦没者追悼式が行なわれました。
 戦争によってかけがえのない命を失った多くの人びととその遺族の皆さんの深い悲しみや苦しみに思いを馳せ、不戦の誓いを新たにしました。
   また過去の過ちの深い反省の上に立ってアジア、世界の平和のために行動していく決意を新たにしました。

 古賀市では9月12日に市主催の追悼式が行われます。    2.26事件に関する海軍による記録、昭和天皇の拝謁記の公表など過去の真実に迫る貴重な情報が報道されています。大変関心があります。
>> 続きを読む

お盆は鹿児島で楽しく過ごしました (Sun, 18 Aug 2019)
 8月12日は明子さんの故郷の鹿児島で親戚一同が集まり、バーベキューを楽しみました。錦江町にあるバンガローを初めて利用しました。   兵庫県から息子家族も合流し、念願の初孫とのひと時を過ごすことができました‼️    家族、親戚との絆を強めるお盆となりました。
>> 続きを読む

地域公共交通政策を学んできました (Sun, 18 Aug 2019)
8月9日~10日は、熊本市で開催された第6回地域公共交通総合研究所シンポジウムに参加しました。「令和の地域モビリティをいかにつくっていくか?~新たな技術・新たなコンセプトで、新しい時代を切り拓く」というテーマでした。   二日目のエクスカーションでは、熊本市の公共交通政策を学びました。2013年3月制定の公共交通基本条例や2016年3月策定の地域公共交通網形成計画について特に注目しました。私は、地域公共交通網形成計画策定について質問し、熊本市の担当者から具体的なアドバイスをいただきました。研修会後は復旧工事中の熊本城を見学しました。      古賀市は地域公共交通網形成計画の策定に今年から着手します。路線バスの運行をどうするのか、コミュニティバスや相乗りタクシーをどうするのか、赤字補填を継続するのか公設民間委託に切り替えるのか、いろいろな論点があります。あるいは自動運転など新たな技術による交通システムを構築するのか。      二日間の研修は大変意義のある機会となりました。小嶋理事長にもお会いすることができました。
>> 続きを読む

公共交通網形成計画案策定の課題 (Sun, 11 Aug 2019)
8月7日の古賀市議会総務委員会で公共交通に関する報告と質疑がありました。古賀市は2019年度に地域公共交通網形成計画の策定に着手します。 ◉資料と質疑でわかったこと ①2019年度に地域公共交通網形成計画の案を作成する。 2020年度にパブリックコメントを実施のうえ策定。 2021年度に地域公共交通再編実施計画を策定予定。 ②調査策定業務について委託する。 ア)委託先 株式会社 ケー・シー・エス九州支社 イ)契約金額 1544万4千円 ウ)履行期間 2019年6月28日〜2020年3月23日 エ)仕様書によると業務内容は、 ○地域公共交通網形成計画の原案作成 ○コガバスの新たな運行計画案の検討 ③地域公共交通会議を立ち上げ今年度に3回開催する。 ④対話集会を3回予定するが対象はコガバス利用者。 ◉感想や疑問点 ①コンサル委託の1544万4千円は高いですね。 ②具体化する実施計画は2021年度作成であり時間がかかりすぎ。 ③対話集会はなぜコガバス(古賀駅東口⇄グリーンパーク)利用者のみが対象なのか?古賀市はこれをコミュニティバスと言っている。 ④アンケートがわが家に送付されてきたが、設問内容は漠然としすぎている。 ⑤熊本市の交通政策を学んできたが、網形成計画の前提に公共交通グランドデザインと市民の責務等を明らかにした公共交通基本条例が必要不可欠とのこと。古賀市はここが欠けているので地域公共交通会議での議論が重要となる。 ⑥担当部署の適正化、充実も不可欠ではないかと思います。 地域公共交通網形成計画策定に着手することは、一歩前進だが、その前提をしっかりしておかないと無駄になる可能性もはらんでいます。そのことを意識して取り組む必要がありそうです。 みなさんのご意見もお聞かせください。 熊本市の公共交通に関する施策の経過 熊本市の公共交通に関する施策の経過
>> 続きを読む