古賀市・みんなの人権セミナー 性の多様性を考える

石崎杏理さんが性の多様性について講演
石崎杏理さんが性の多様性について講演

 11月19日の10時からリーパスプラザこがで開催された第4回みんなの人権セミナーに参加。石崎杏理さんが、「多様な性って何だろう? ~誰もが自分らしく生きるために・・・~ 」というテーマで講演しました。自らがトランスジェンダーでありバイセクシュアルであることを明らかにして講演活動を展開しています。

 L(レズビアン:性自認が女性で、女性を好きになる人)G(ゲイ:性自認が男性で、男性を好きになる人)B(バイセクシュアル:女性も男性もどちらも好きになる)T(トランスジェンダー:生まれた時の性別と違う生き方をする人)Q(クエスチョニング:どれにあてはまるか考え中、決めたくない)・・・「性のあり方は虹のようにグラデーション」。

 石崎さんは、バナナが好きな人と嫌いな人のはなしを例に、理解できなくても押し付けずに尊重すればよい、感覚的に理解できなくても慣れることが大切と強調しました。

 また、免許証に男女の記載がないことも取り上げ、気にもしていない人が多いことも紹介していました。

 石崎さんは講演の最後に、ちょっと立ち止まって考えること、身近にいることを想像してみることなどを呼びかけました。