古賀市議会・政策推進会議 公共交通アンケート結果を報告

994件の回答の集計結果を共有
994件の回答の集計結果を共有

 10月21日の14時40分から古賀市議会政策推進会議(第7回全体会)が開かれました。この全体会では、幹事会の田中英輔会長より公共交通に関するアンケートの集計結果について報告がありました。協議の結果、アンケート結果を早急にホームページで公表すること、議会だよりに掲載すること、市長・執行部への報告を検討すること等を確認しました。11月22日までに各会派・議員でアンケート結果を分析し今後の提言に活かすことも確認しました。

<アンケート結果の特徴>

❶994件の回答が寄せられたこと。自ら切手を貼って郵送されたものが192件に上ったこと。

❷自由記述が416件(41.2%)もあったこと。

❸青柳小校区が140件で最多、最も少ないところでも千鳥小校区の76件と市内全域からまんべんなく回答があったこと。

❹西鉄路線バスを利用しないと回答した方が、便数の増加、路線の改善と答えた方が合わせて61%に達したこと。

❺西鉄路線バスを利用しないと回答した方が、西鉄バスについて必要、まあ必要と答えた方が合わせて62%に達したこと。

<コメント>

❶古賀市議会が行った公共交通に関するアンケートの結果、市民の皆さんの関心が極めて強いことが改めて示された。

❷現時点でバスを利用していない方も、便数や路線の改善がされれば利用する可能性が大きいことが示された。

❸バスを利用している目的は買い物、通院、通勤が大きな割合を占めている。

 近々、古賀市議会のホームページにアンケート結果が公表される予定です。みなさんのご意見もお聞かせください!

 アンケートへのご協力に改めて感謝申し上げます!