安保法 成立から1年が経過しました

安保法成立1年について報じる新聞各紙
安保法成立1年について報じる新聞各紙

 9月19日、安保法が成立してから1年を迎えました。新聞各紙は社説で取り上げました。その見出しだけを並べてみます。朝日新聞は「まだ『違憲』のままだ」、西日本新聞は「『違憲』の疑い晴れていない」、読売新聞は「様々な危機対処の重要基盤だ」、毎日新聞は「現実的な議論をもっと」、日経新聞は「安保法の実行に欠かせぬ情報と判断力」等です。それぞれスタンスの違いが明確です。

 一方で、「駆け付け警護」の実動訓練、米艦防護、5兆円を超えた2016年度防衛予算など自衛隊の活動拡大の動きは着々と進められています。国会でのきちんとした論戦、政府の情報公開など課題は山積しています。