安倍首相 オバマ政権の核先制不使用政策に反対

核先制不使用政策に反対した安倍首相
核先制不使用政策に反対した安倍首相

 8月17日の新聞各紙は安倍首相がハリス米太平洋司令官に対し、オバマ政権が検討している核先制不使用に反対の意向を伝えたと報じています。米紙ワシントン・ポストが15日に報じたことが根拠です。もしその報道が事実であれば、唯一の被爆国として核廃絶を訴えながらも、核兵器の役割を低減する政策に安倍首相自らが反対したことになります。

 長崎や広島の被爆地では憤りの声が上がっています。松井一実広島市長と田上富久長崎市長は8月、核先制不使用政策の後押しを求める連名の要望書を安倍首相らに提出しています。