次期学習指導要領素案 小5から英語が教科化

次期学習指導要領素案を報じる新聞各紙
次期学習指導要領素案を報じる新聞各紙

 8月2日の新聞各紙は、2020年度から小中高で順次始まる学習指導要領について大きく報道しています。中央教育審議会が8月1日に審議まとめ案を公表したことによるものです。

 そのポイントは、小学校5,6年生の英語が教科となり年70コマに倍増すること、アクティブ・ラーニング(主体的学び)を推進することなどとなっています。

 英語のコマ数の倍増を含む年間総時数は1015コマとなり、事実上の限度とされるコマ数(年間980コマ)を超えることになります。

 私は教職員の人数を増やし、少人数学級を全国的に徹底させることがより効果があると思います。今回の次期学習指導要領の素案について関係者の皆さんのご意見をよくお聞きしたいと思います。