がん患者 100万人を超す がん検診の受診を

国立がんセンターの予測を報道するテレビニュース
国立がんセンターの予測を報道するテレビニュース

 7月15日の新聞、テレビは、国立がんセンターががんと診断される人が101万人になるという予測を報じています。

 予測によると昨年と比べて2万8千人増。

 がん検診を受診し、早期発見、早期治療が大切だと思います。