大刀洗町議会の皆さんが古賀市議会を視察

古賀市議会の議会改革の取り組みを報告
古賀市議会の議会改革の取り組みを報告

 7月13日のは9時40分から、福岡県大刀洗町議会議会改革特別委員会(長野正明委員長)の皆さん11人が古賀市議会の視察にこられました。大刀洗町議会は2014年4月1日に議会基本条例を施行しています。

 私はパワーポイントを使って、議会改革の取り組み経過、インターネット中継、議会基本条例、看護大学とのパートナーシップ協定などについて説明しました。特に、国保税改定に対し、自由討議を経て「決議」を可決し、市長声明や市長名の緊急要望を実現した経験を詳しく報告しました。

 質疑では、議会報告会の工夫、自由討議の経験、付帯決議の意義、タブレット活用、一般質問での書画カメラ利用、議会モニター制度、職員を講師とした研修会、政策推進会議の活動状況、政務活動費の評価、看護大学とのパートナーシップ協定、災害対応要綱などについて活発な意見交換ができました。

 大刀洗町議会では町民8人に議会モニターになっていただき、議会終了後直ちにご意見をお聞きしているとのこと。古賀市議会でもこうした取り組みが必要かと思います。

 今回も大変有意義な視察受け入れとなりました。

 大刀洗町議会の皆さん、大変お疲れ様でした!

2016年7月13日・大刀洗町議会の視察説明資料
160713大刀洗町議会視察受け入れ説明資料.pdf
PDFファイル 12.2 MB