イラク参戦「最後の手段ではなかった」 英調査委が検証結果報告

チルコット委員会報告を報じる新聞
チルコット委員会報告を報じる新聞

 7月7日の朝日新聞は、イギリスのブレア政権が2003年にイラク戦争に参戦したことの検証結果を報道しています。チルコット委員会が公表した報告書に基づくもので、「平和的方策を尽くす前に侵攻に参加した。軍事行動は最後の手段ではなかった」と断じています。

 日本では小泉政権が、開戦後直ちにアメリカへの「支持」を表明し、自衛隊を派遣しました。しかし、その検証は全く不十分と言わざるを得ません。アメリカ追従の日本の姿が浮き彫りになっています。安保法案を数の力で成立させた安倍政権にとって、イギリスのイラク戦争検証結果はどう写っているのでしょうか。

 日本では、過去の政策の検証が決定的にかけていると朝日新聞社編集委員が指摘しています。これは国だけではなく地方も言えると思います。