地方創生加速化交付金 中村隆象市長の考え方

本会議での大綱質疑(6月13日)
本会議での大綱質疑(6月13日)

 6月13日の本会議で私は地方創生加速化交付金について中村隆象市長の見解を求めました。論点は、1次募集に応じた内容が不採択となり、今回ほぼ同じ内容で2次募集に応じることから採択に向けてどのようなところに留意したのか、ということでした。

 中村市長は以下のような答弁をされました。「好機ととらえ積極的に対応する」という認識です。みなさんはどう思いますか?ぜひコメントをお願いします。

 少し長いですがよかったらお読みください。

 

中村隆象市長 加速化交付金というのは、確かに手続き的には非常にバタバタした手続きを余儀なくされています。議会の議決の重みもあるが確かにバタバタした感じはありました。しかし、もっと大きな目で捉えると、地方創生という名のもとに地方に新たに財源が付くという、政府のある意味では地方分権の流れに沿った大きな英断だと思います。ですから多少の手続き上の煩雑さはあっても、われわれはこれを好機ととらえて、この予算をできるだけ頂いて、地方創生、まちの活性化につなげるということでやっています。好機ととらえて積極的に対応する方が自然なやり方ではないかと認識しています。

 

中村隆象市長 奴間議員からは何度も振り回されていないかというご懸念の質問があったと思います。

その認識がおおもとにあるのではないかと思いますのでそれに対する私の認識を申し上げます。地方創生の予算は、確定したものが別途あるわけではなく、内閣府が各省庁に本来付くべき予算を削ってもぎ取ってきている予算です。ですからその金額あるいは予算の申請のやり方というのは非常に流動的です。われわれも当初は奴間議員の言葉で言えば、振り回されている、私の言葉で言えばバタバタ感がありました。しかし、今まで無かった予算を内閣府が付けようとしている、今までなかった例外的な作業の中でやっているわけです。ですからわれわれは大変です、しかし喜んでやります。一円でも今までなかった予算が取れるのであれば、知恵を尽くし、汗をかいてやろうということです。ですから東洋経済の批判的な記事もあるかもしれませんが、われわれはそういうことが有っても無くてもわれわれが必要としている事業に対して国がさらに予算をつけてくれるのであれば最大限の努力をするということです。一連の作業はそのような理解のもとでやっていることをご理解いただきたいと思います。

 

中村隆象市長 二次申請の具体的内容や特徴については特別委員会の中で詳しく説明させて頂きたいと思います。2点についてお答えします。とにかく取りたいという思いで、一次募集で却下されたものをもう一回やっているのでわれわれも必死でやっています。また、その予算が一時的にコンサルタントに流れて古賀市の市民に直接渡らないということはあるかもしれません。しかしその結果、その情報によって古賀市のためにいろいろな事業につながるということであれば古賀市のためになるということですから、そういうことにはこだわらないと思っています。

2016年6月17日・補正予算質疑資料、東洋経済記事含む
160617補正特別委質疑資料.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 700.0 KB

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    カエルの楽園 (水曜日, 15 6月 2016 14:12)

    質問と市長の回答が全然かみ合っていない。質問の回答になっていない。もっと突っ込んで再質問をすべきではないですか。ところで、東洋経済の批判的な記事とは何ですか。
    この件については、市長は採択されると確信しているようなので、市民としては、国の財源でやるので何も問題ないのではないか。何が問題なのでしょうか。再度不採択にでもなれば、市長は大恥をかくことになるのではないでしょうか。

  • #2

    奴間健司 (土曜日, 18 6月 2016 11:54)

    東洋経済の記事を添付したPDFファイルの中に入れておきました。ご覧ください。