舞の里1丁目でヘルス・ステーション InBody測定結果の説明も

福岡女学院看護大学の学生が健康教室
福岡女学院看護大学の学生が健康教室

 5月27日の10時40分からから古賀市舞の里1丁目集会所で行われたヘルス・ステーションを見学しました。

 この日は、福岡女学院看護大学の学生がInBodyの測定結果や万歩計の記録をもとに発表を行いました。タイトルは「健幸のための筋肉づくり~ありがとう、筋肉~」。体の中の筋肉量の指標、筋肉を作るための食事、筋肉を作るために必要な歩き方などを具体的に発表していました。

 参加者からは、ソフトバレー、ラジオ体操、風船バレーなどみなさんの取組について発表がありました。また、半年に一度はこうした取り組みをやってほしい、家にこもりがちな方への働きかけが必要など要望、提案もありました。

 私もInBodyにより筋肉量を測定して頂きました。部位別筋肉量は右腕87.4%、左腕85.4%、右足135.8%、左足126.1%、体幹は89.2%でした。腕と体感は標準で、足は高い方でした。最後に二つのグループに分かれて熱心に話し合いが行われました。福岡女学院看護大学の松尾先生、学生の皆さん、大変ありがとうございました。