古賀市の熊本地震被災地支援の取り組み

サンコスモでの救援物資受付(現在は中止)
サンコスモでの救援物資受付(現在は中止)

 5月16日の古賀市議会・総務委員会で、熊本地震に対する古賀市の対応状況が明らかになりました。

①救援物資は市の備蓄品と市民から寄せられた物資を山都町、西原村に送付しました。物資の内訳は水2075ℓ、おむつ372パック、トイレットペーパー3902ロールなど。

②義援金は5月2日現在106万3500円が集まりました。また糟屋地区町村会を通じ古賀市として606万円を送る予定です。さらに古賀市議会は社会福祉協議会を通じて30万円を送りました。

③職員派遣は、避難所支援業務(5月27日~6月2日、4人交代で益城町に派遣)、避難所宿直業務(5月28日~29日、2人を益城町に派遣)

 以上です。今後も継続して支援の取り組みが行われます。

 写真は救援物資を受け付けた時のサンコスモの様子です。