3月15日 古賀市議会予算特別委 教育予算等を審議

古賀市の特徴 学校現場への独自の人的配置
古賀市の特徴 学校現場への独自の人的配置

 3月15日は9時30分から古賀市議会・予算審査特別委員会です。今日は、9款消防費、10款教育費、11款災害復旧費、12款交際費、13款諸支出金、14款予備費ならびに地方債現在高調書等について質疑します。

 予算審議は、昨年9月議会での決算審査の時に指摘したことがどのように反映されたかを確認する大事な審議の場です。また市長の施政方針がどのような予算の裏付けを伴っているのかを確認する場でもあります。

 そのような視点で各議員も臨んでいると思いますし、市民の皆さんにもそのような視点でぜひ注視してください。インターネット中継や録画配信でその様子を見ることができます。

 今朝の古賀市は曇り、気温は6度です。良い天気になりそうです。

 特別委員会終了後は、明日の予算審査(歳入、市長質疑、各特別会計など)の準備、一般質問の準備などに取り組みます。

 写真は古賀市が独自に小中学校に配置している教職員の一覧です。今回の予算では4548人、1億2013万1千円になります。小中学校のすべての学年で35人以下学級を導入することになっています。