古賀市議会・予算特別委(2日目) 衛生費、商工費などを審議

予算特別委員会(2日目)
予算特別委員会(2日目)

 3月14日は9時30分から17時過ぎまで古賀市議会予算審査特別委員会が行われました。

 この日は4款衛生費から8款土木費までの説明を受け、衛生費には延べ8人、労働費には延べ6人、農林水産業費には延べ4人、商工費には延べ6人、土木費には延べ7人が質疑を行いました。

 私はすべてにわたって質疑をしました。特徴的なことは以下のとおりです。

❶中村市長が「今回初めて企業立地や開発に踏み込んだ」と発言したが、その裏付けは商工費の「企業誘致促進事業費645万9千円」と2015年度一般会計補正の「企業誘致促進事業費1055万5千円(地方創生加速化交付金活用)」の2点とのこと。

❷保健師の人数は予算上は正規職員9人、任期付4人。その内育休が1人、産休が3人であることを確認した。この点は22日の一般質問で取り上げます。

❸ヘルス・ステーション設置補助100万円は、継続5ヶ所、新規5ヶ所。これに関わる保健師の業務時間を質疑したが正確には把握していないとのこと。松本市のように「古賀市の保健衛生・平成28年度実績」を作成することを求めた。

❹企業誘致促進事業費645万9千円について、資本金1千万円から1億円の3社、関東から25人という見通しはヒアリングの結果であるとのこと。補助した企業名等の公表については検討中とのこと。

❺公園の清掃・除草・植栽管理委託の大幅減(グリーンパークは1194万2千円から1009万円、千鳥が池公園は811万円から605万円に減)については、「業務仕様書に基づく受託予定者からの見積もり」であり「納得の上」とのこと。

 ほかにも様々なやり取りをしました。

 あす15日は9款消防費、10款教育費などを審議します。