古賀市議会市民建産委 マスタープラン前期基本計画の総括、後期基本計画の策定、地方創生総合戦略との整合性を問う

2016年度は古賀市第4次総合振興計画前期基本計画の最終年度
2016年度は古賀市第4次総合振興計画前期基本計画の最終年度

 2月5日の9時30分から古賀市議会・市民建産委員会の所管事務調査を行いました。

 私は今回の調査において、第4次総合振興計画の前期基本計画の最終年度が2016年度であることから、前期基本計画の総括や後期基本計画の策定時期ならびに「まち・ひと・しごと創生総合戦略」との関係を質問しました。写真のようなフリップを参考資料として提出しました。

 全体として前期基本計画の検証や後期基本計画の策定に向けた方針が未定であることがわかりました。経営企画による「進行管理」や「全庁的調整」が機能していないという印象を抱きました。

 商工政策課長は、第一に尊重すべきはマスタープランである、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」は前期基本計画を踏まえて作成した、後期基本計画の策定時期は市全体に関わることでまだ未定である、課としては日常的に議論しているので指示があればいつでも提出できるようにしている等々の答弁でした。

 私は、第4次総合振興計画の基本構想自体も総花的で、目標とする指標にも疑問があった。前期基本計画も根本的に見直し、今年の秋ころまでに後期基本計画の骨格を定めるべきであると指摘しました。