古賀市中央公民館研修棟の休館期間 2ヶ月から1ヶ月に短縮

8月に開館する生涯学習センター(交流館)の工事の様子
8月に開館する生涯学習センター(交流館)の工事の様子

 2月1日の9時30分から古賀市議会・文教厚生委員会の所管事務調査を傍聴しました。

 その中で、生涯学習センター(交流館)の完成に向けた研修棟の休館期間について質疑がありました。

 交流館は今年8月に開館し、現在の研修棟は9月から取り壊しされる予定です。備品の調達や効果的再利用、引越し作業等々の関係で、研修棟の使用は5月末までとし、6月、7月は休館とする予定でした。しかし、研修棟利用団体等からの強い要望があり、6月26日まで利用可能とし休館期間を1ヶ月短縮したと生涯学習推進課長から説明がありました。

 議員から1ヶ月短縮して対応可能か、しわ寄せがあるのではないかとの質疑がありました。課長は、無理した中での期間設定だが、少しでも現研修棟の利用期間を確保したと答弁しました。

 今回の交流館の開館は数十年に一度あるかないかの一大事業と言えます。研修棟の休館期間の1ヶ月短縮が、準備作業に支障をきたしたり、職員に過度の負担とならぬよう市長、教育長が十分配慮することを求めるところです。