古賀市・船原古墳 馬具装飾はガラス製 31日にシンポジウム

注目される古賀市の馬具装飾
注目される古賀市の馬具装飾

 1月28日、古賀市教育委員会は古賀市谷山・船原古墳・埋納坑から出土した金銅製馬具のうち、9点にガラス装飾が施されていたと発表しました。奈良県・藤ノ木古墳に次ぎ国内2例目とのことです。

 「被葬者が有力な豪族であることが更に確実になった」と評価しています。

 1月31日の13時30分から、古賀市・リーパスプラザ大ホールで船原古墳シンポジウムが開催されます。ぜひ一人でも多くの方の参加を呼びかけます。