古賀市立小野小学校 全児童が骨密度を測定 5年間のプロジェクト

健康づくり推進員が大活躍(小野小、12月12日)
健康づくり推進員が大活躍(小野小、12月12日)

 12月12日の午前中、古賀市立小野小学校で行われた持久走並びに骨密度測定を見学してきました。

 小野小で取り組まれた「小野っ子健康づくり」プロジェクトは、小学生が自らの生活習慣や健康の実態を知り、生活習慣病予防を促進しようというものです。小野小学校、古賀市予防健診課、福岡女学院看護大学の共同の取り組みで、今年から5年間にわたって継続されます。1年生から6年生まで全児童を対象とする取り組みは初めてのことです。全国的にも先進的な取り組みだと思います。

 6台の骨密度測定器や2台の体組成計で400数十名の児童、保護者が測定しました。健康づくり推進員、古賀市予防健診課や教育委員会の職員、看護大学の先生方がスタッフとして頑張っていました。

 測定結果はUSBに記録されます。このデータを分析し、健康学習会に生かされます。素晴らしい取り組みだと思います。

大変参考となる取り組みでした
大変参考となる取り組みでした