古賀市鹿部区福祉会の会合で松本市視察報告をしました

健康寿命延伸について市民の皆さんの声を聞きました
健康寿命延伸について市民の皆さんの声を聞きました

 12月10日の10時30分より、古賀市・鹿部区公民館で松本市の視察報告をさせていただきました。この日は区の福祉会・鹿の子会や明友会(老人会)の皆さんの今年最後の集まりで、約50人の方々が参加されていました。

 私はスライドを使いながら、松本市の健康寿命延伸の取り組み、福岡県や古賀市の医療や介護の課題、保健師の体制補充・強化が急がれることなどを報告しました。皆さん、熱心に報告を聞いていただきました。

 参加者から、松本市の財政規模に関する質問がありました。また、地域密着型の行政を望む意見も頂きました。さらに、こうした報告を若い人たちにぜひ行って欲しいという嬉しい感想も頂きました。

 2025年問題への備えを進めるためには、多くの市民の皆さんのご理解とご支援が不可欠だと痛感します。19日の千鳥南区、20日の花見東2区、21日の花鶴2丁目と今後も報告会を積極的に行っていきます。

 鹿部区の皆さん、今日は本当にありがとうございました。