高齢者のインフルエンザ予防接種 古賀市での自己負担2000円

 65歳以上の方のインフルエンザ予防接種が10月1日から来年の1月31日まで実施されます。古賀市では今年から個人負担が2000円となりました。

 市民の方からこの件で問い合わせがありましたので確認してみました。値上げの理由はワクチンが3種から4種に増え、5000円程度かかること、財源の振り分けの判断から古賀市は個人負担を1000円から2000円に値上げしたとのことでした。

 新宮町など糟屋郡7町は値上げを見送り1000円、福津市も1000円となっています。来年度からの値上げを検討している自治体もあるとのことでした。

 高齢者の健康維持、予防の徹底は大切な課題です。なぜ古賀市が率先し、しかも一気に倍額に値上げしたのか、市民に納得していただく根拠が乏しいのではないかと率直に感じました。

 値上げの結果、接種率が下がったり、インフルエンザ患者が増えるなどの事態を招いた場合は真剣に検証する必要も出てくると思います。

 みなさんのコメントをお願いします。