京都府綾部市の空き家を活用した定住促進事業を視察

担当課長の説明を聞いて大変参考となりました
担当課長の説明を聞いて大変参考となりました

 10月8日の10時から京都府綾部市の空き家を活用した定住促進事業について視察研修をしました。説明してくれたの綾部市定住交流部の定住促進課の吉田清人課長さん。7年間地域に入り、地域住民と危機感を共有してきた成果が現れてきたと強調。移住した人も、受け入れた人も良かったと思ってもらいたい、失敗はしたくないという熱い思いが伝わる素晴らしい説明を聞かせて頂きました。

写真は説明する吉田課長さん。詳細は後でアップします❗️