身体障害者福祉協会のバスハイクに参加

車椅子にはリフト付きバスが不可欠
車椅子にはリフト付きバスが不可欠

 10月3日は古賀市身体障害者福祉協会のバスハイクに参加しました。車椅子で移動する場合、リフト付きのバスが必要になります。写真のように、車椅子のままリフトで上げる必要があります。トイレ休憩の時も、目的地に着いた時もリフトで昇降します。またバスハイクに行くと気がつきますが、障害者が利用できるトイレが少ないという課題もあります。

 まだまだユニバーサルデザインの社会になっていません。しかし、今日一日、素晴らしい天気にも恵まれ楽しいひと時を過ごすことができました。