古賀市議会補正予算特別委 学校図書館開放に質疑集中

議長除く議員18人で構成される補正予算審査特別委
議長除く議員18人で構成される補正予算審査特別委

 9月9日の9時30分から古賀市議会・補正予算審査特別委員会(岩井秀一委員長)が開かれました。本会議で付託された「第67号議案 平成27年度古賀市一般会計補正予算(第2号)について」など補正予算関係6議案を審議しました。

 審議の最大の特徴は10月に予定されている小中学校図書館の地域開放でした。この趣旨は賛成ですが、受け入れ態勢、子どもの安全対策、不十分な検討期間などに質疑が集中しました。私は、「本のまち」読書のまち」をめざす大きな趣旨は賛成だが、地方創生先行型を活用することで検討時間が不十分だ、10月中の開放にこだわらずしっかり検討すべきだと指摘しました。

 6議案は賛成多数で可決されました。