古賀市の財政状況 借金と貯金

借金残高は2年連続増加
借金残高は2年連続増加

 9月1日から古賀市議会の定例会が始まりました。2014年度の決算審査が中心的な課題となります。そこで、古賀市の財政状況を示すデータを提供したいと思います。

 今回は古賀市のいわゆる借金と貯金の推移です。2014年度決算では新たな借金は17億9260万円で、対前年度比3億5300万円、24.5%増となりました。これは、生涯学習センター建築工事による教育債が2億7280万円増加したことが要因です。借金残高は137億6800万円となりました。

 古賀市の借金残高は、2012年度まで減少し、2013年度から増加に転じています。2015年度末の残高は150億1870万円になる見込みです。

 貯金残高は2014年度末で49億5510万円で、2015年度末には44億1220万円に減少する見込みです。