安倍首相の戦後70年談話をどうみるか

談話発表後の安倍首相の発言
談話発表後の安倍首相の発言

 安倍晋三首相の「戦後70年談話」。マスコミ各紙の社説の取り扱いを比較すると、様々な角度の評価が浮き彫りになるような気がしました。

<読売新聞>「歴史の教訓胸に未来を拓こう」

・反省とお詫びの気持ちを示した

・「侵略」明確化は妥当だ

・女性の人権を尊重せよ

・次世代の謝罪避けたい

<毎日新聞>「歴史の修正から決別を」

・曖昧さ残した「侵略」

・プラスに転化させよ

<朝日新聞>「何のために出したのか」

・「村山」以前に後退

・目を疑う迷走ぶり

・政治の本末転倒

<西日本新聞>「真の和解に首相は行動を」

・「負の歴史」認める

・「内向き」採用せず

・被害者に届くよう

<産経新聞>「世界貢献こそ日本の道だ 謝罪外交の連鎖を断ち切れ」

・積極的平和主義を貫け

・「歴史戦」に備える時だ

<日経新聞>70年談話を踏まえ何をするかだ ・キーワード盛り込む ・未来志向の外交を

 今日読むことができたのは以上です。新聞社によって評価が大きく分かれていますね。

 感じたことは以下の点です。

①侵略、植民地支配、痛切な反省、お詫びなどの村山富市首相による戦後50年談話のキーワードをすべて盛り込んだこと。村山談話に不満を示していた安倍首相だが、積極的に継承したとは言い難いが、否定したとも言えないような内容でまとめた。

②「あの戦争には何の関わりもない私たちの子や孫、そしてその先の世代に、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」の部分は評価が分かれている。戦争への道に進んだ「負の歴史」を教訓とすることは、いつまでも継承すべきでしょう。「謝罪」という言葉の使い方は疑問です。中国や韓国との関係改善にどう影響するか課題を残した。

③この談話を発表した結果、国会での最大の争点である「安保法案」にどのような影響を及ぼすかは最も重要な点。「言っていることとやろうとしていることが違うではないか」という受け止め方。「積極的平和主義で国際貢献するために必要」という受け止め方。いずれにしても今後の国会でさらに徹底した論戦が必要不可欠だ。

④地方議会で安保法案を取り上げると「地方自治体のテーマではない」という首長もいる。しかし、今回の「談話」を国民一人ひとりがどう受け止めるかは地方議会の場はもとより、国民一人ひとりが大いに議論すべきテーマと言える。

 8月15日の頭の整理は以上です。皆さんのご意見もお聞かせください。