地方公共交通問題シンポジウム 8月12日に岡山へ

2013年のシンポジウム(小嶋理事長と記念写真)
2013年のシンポジウム(小嶋理事長と記念写真)

 8月12日、政務活動として岡山市で開催される地方公共交通に関するシンポジウムに参加してきます。その内容は以下のとおりです。私は3回目の参加になります。古賀市の公共交通の確立にぜひとも活かしたいと考えています。写真は一昨年、理事長の小嶋光信さんと会場で撮ったものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
交通政策基本法・改正地域公共交通活性化再生法施行後の現場の問題解決を考える
2013年12月に「交通政策基本法 」が成立し 、同法に基づく初の「 交通政策基本計画 」が 2015年2月に閣議決定されました。本計画は基本方針に「豊かな国民生活に資する使いやすい交通の実現」を掲げ、 地方自治体が主導しコンパクトシティ化等まちづくり施策と連携した地域交通ネットワークの再構築を目指しています。そのための施策として「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」等に基づき、「地域公共交通網形成計画」等を作成する自治体を国が総合的に支援する体制を構築し、それらの計画の着実な策定を促し成功例の積み上げにつなげようとしています。既に「地域公共交通網形成計画」の届出件数 は 37 件( 2015 年6月11日現在 )となっています。地方自治体と事業者および地域住民の皆さんのご理解を得て、「地域の足を守りまちを元気にする」ために何を行うべきか、ご参加の皆様と国や第一線の研究者と一緒に探究したいと思います。

プログラム
◆第一部 基調講演&話題提供(13:30〜15:15)
  開会挨拶: 小嶋 光信(地域公共交通総合研究所 理事長)
  基調講演: 国土交通省総合政策局公共交通政策部
「地域公共交通活性化再生法をめぐる状況について」
  話題提供: 藤原 章正(広島大学大学院教授)
「地方都市のモビリティ政策」
  話題提供: 加藤 博和(名古屋大学大学院 准教授)
「地域公共交通網形成計画・再編実施計画をどう策定し活用するか?」
 <休憩 15分>
◆第二部 パネルディスカッション(15:30〜17:10)
  パネラー 山本 勝久(四日市市都市整備部 理事)
藤原 章正
土井 勉(大阪大学コミュニケーション デザイン・センター特任教授)
加藤 博和
磯野 省吾(地域公共交通総合研究所 研究員)
  モデレーター 小嶋 光信
  質疑応答

お問合せ先
(一財)地域公共交通総合研究所 事務局(町田・三好)
 電 話 :086-232-2110