まち・ひと・しごと創生総合戦略の骨子案の説明

人口ビジョンの前提となる推計
人口ビジョンの前提となる推計

 8月4日の9時30分から古賀市議会・総務委委員会を傍聴しました。 
 その中で、「古賀市人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生総合戦略」(骨子案)の説明がありました。
 人口推計については4つのパターンが示されました。
 政策パッケージについては、「しごと」、「ひとの流れ」、「ひとの支援(結婚・出産・子育て・教育)、「まちづくり」の4つの「創出」という基本方向が示されています。
 質疑を通じて、産・官・学・金・労・言の各界の有識者による会議は打診中で8月盆過ぎから立ち上げる予定、人口推計については展望なので高く持ちたいが最終的には市長判断となる、第4次マスタープランの人口目標は議決いただいたものなので第5次の時に再度検討する、6月に実施したアンケートは集計作業中、新型交付金についてはまだ見えていないなどの答弁がありました。...
 今回は骨子案ということで、まだまだ未定のところが多くあるようです。議会全体への説明も必要であると感じました。

総合戦略骨子案の政策パッケージ
総合戦略骨子案の政策パッケージ
ダウンロード
2015年8月4日・古賀市人口ビジョン・総合戦略骨子案
150804まち・ひと・しごと総合戦略骨子案.pdf
PDFファイル 1.8 MB