安保法案 慎重審議を求める意見書提出

 6月25日の西日本新聞一面に「安保法案 地方議会も葛藤」という記事が掲載されています。国会で最大の争点となっている安保法制に対し、福岡県内ではうきは市、大刀洗町、みやこ町、志免町、粕屋町、宇美町、吉富町がすでに慎重審議を求める意見書を可決しています。
 古賀市議会でも慎重審議を求める意見書案が提出されました。提出議員は田中英輔議員で会派・希来里も村松謙二議員が賛成委員に署名しました。ほかに内場恭子議員、阿部友子議員も署名しています。この意見書は26日の最終日の本会議で審議される予定です。