古賀市議会・一般質問1日目 5人が市長と議論

古賀市議会一般質問(6月22日)
古賀市議会一般質問(6月22日)

 6月22日の9時30分から1日目の一般質問が行われました。この日は5人が市長と議論を展開しました。
 質問した議員とテーマは次のとおりでした。岩井秀一議員(1.合併構想のその後と近隣自治体との連携について、2.施政方針について、その意気込みを問う。)、内場恭子議員(1.くらしやすい古賀市への具体化は)、田中英輔議員(1.ディセントワークを進めにぎわいと活気ある「まち」に、2.市民の安全と安心を支えるまちへ、3.戦後70年、非核恒久平和都市として平和の取り組みの具体化を。)、姉川さつき議員(1.スポーツ振興に向け、更なる努力を)、伊東洋子議員(1.誰もが、出掛けたくなる街づくりについて)。
 議論の中で、自治基本条例、水道代30%値下げ問題、公共交通、安保法制等について活発なやりとりが行われました。
 詳しいやりとりはインターネット録画配信をご覧ください。