古賀市議会・会派代表者会議 古賀市版総合戦略に対する議会対応を協議

 6月19日の午後、古賀市議会・会派代表者会議に会派・希来里の代表として出席しました。出席者は正副議長以外に山海会(田中英輔代表)、志成会(岩井秀一代表)、自由クラブ(松島岩太代表)、公明党(井之上豊代表)、連(阿部友子代表)、無会派(内場恭子、森本義征)。議題は「まち・ひと・しごと地方創生総合戦略」に対する議会の対応で、協議の継続でした。
 私は、6月議会最終日での特別委員会設置と古賀市版総合戦略を議決事件に追加する議会基本条例の改正を提案しました。特別委員会設置は山海会、無会派の内場恭子議員も主張しました。他の会派は総務委員会での所管調査を主張しました。
 協議の結果、当面は総務委委員会で所管調査する、全員協議会で執行部の報告を受ける機会を作る、9月議会での特別委員会設置を検討するということにしました。議決事件の追加は、私から各会派で検討することを投げかけました。
 その他、田中英輔代表から安保法制に対する意見書を提出したいという意向が示されました。希来里もぜひ一緒に取り組んで行きたいと思います。
 また、欠席条件に出産を追加する会議規則の改正について、私は議長に対し早急に議会運営委員会に諮問するよう求めました。6月議会の反省会の議運の時に諮問される予定です。