労働者派遣法改正案 衆院を通過

 6月19日の衆院本会議で、企業の派遣労働者受け入れ期間の制限をなくす労働者派遣法改正案が自民、公明などの賛成多数で可決され、衆院を通過したと報道されています。今国会で成立する見込みとのこと。
 「労働者保護から企業重視へ」、「生涯派遣に強い懸念」、「同一賃金法案は骨抜き」という見出しが目に飛び込んできます。
 出生率を高め、人口減少に歯止めをかけたいという課題がある中で、若者の雇用関係を不安定にすることは逆行しているのではないでしょうか。