福岡県 2060年人口ビジョン骨子案まとめる

 6月16日に西日本新聞は福岡県が2060年の人口ビジョンの骨子案をまとめたと報道しています。これは政府が進める地方創生に関連する取り組みの一つで、これをもとに2015年度中に人口ビジョンと総合戦略を策定することにしています。
 この推計では、出生率が現在1.46ですが2025年に1.8、2035年に2.07になった場合に2060年の人口を463万人と推計しています。出生率の達成状況に応じて454万人、423万人という推計もしています。現在の人口は507万人です。
 国立社会保障・人口問題研究所の推計では2060年に359万人となっています。県が示した3つの推計は自治体による結婚や子育て支援策の最大限の効果を見込んだものとなっています。
 古賀市でも人口推計が課題です。私は一般質問で取り上げることにしています。国立社会保障・人口問題研究所の推計では2060年に古賀市の人口は48467人となっています。2021年の人口目標65000人はいずれにしても見直しが迫られています。