エボラ出血熱疑いの男性が感染症センター入院 陰性と判明

5月18日の夕方のニュース
5月18日の夕方のニュース

 5月18日の未明、エボラ出血熱の疑いで男性が古賀市にある感染症センターに入院しました。

 5月18日の夕方、検査の結果「陰性」であることがわかりました。

 福岡東医療センターの上野院長、古賀市の保健福祉部をはじめ関係者の皆さんの対応に敬意を表します。

 なお私は福岡東医療センターのあり方検討委員会委員長として感染症センター建設過程に関わってきました。今回の経験を通じてマニュアルの検証について気がついたことは申し上げていきたいと思います。