安倍政権が安保法制案を閣議決定

 5月14日、安倍政権は集団的自衛権の行使を可能とする安保関連法案を閣議決定しました。15日に国会へ提出し、今年の夏に成立を目指そうとしています。
 日米同盟を強化し、これまで平和憲法を根拠にアメリカの要求を断ってきた日本の進路を大きく転換することになる法案です。
 私たちはこの動きに最大の関心を持ち、「自主・平和・民主」の国の進路をしっかり守るよう行動しなければならないと思います。
 昨年7月2日、市議10人で集団的自衛権行使を容認する憲法解釈を撤回することを求める声明を出しました。
 みなさんのご意見もお聞かせください。