元我孫子市長の福嶋浩彦氏が国の地方創生政策を批判

西日本新聞(4月12日)
西日本新聞(4月12日)

 4月12日の西日本新聞は、元我孫子市長の福嶋浩彦氏の講演の内容を報じています。その中で、国の地方創生について「自治体のやる気は国ではなく市民が判定すべき」と批判したとのこと。「国に認めてもらおうという意識からは良い創意工夫は生まれない」という指摘はうなずけるところです。
 古賀市も12月までに古賀市版総合戦略を作ろうとしています。議会では特別委員会を設置するなど情報共有と慎重審議が必要だと考えます。また、市民に対する策定過程での情報公開も求められると思います。