古賀市議会本会議 許山議員の辞職を許可 4人が一般質問

古賀市議会の一般質問(3月16日)
古賀市議会の一般質問(3月16日)

 3月16日の午前9時半から古賀市議会は本会議を再開しました。
 会議ではまず、議員辞職についてを諮りました。許山秀仁議員が3月13日に議長あてに議員辞職願い(3月16日付での辞職)を提出していたもので、簡易採決の結果、許山秀仁議員の議員辞職を許可することを決定しました。
 次に、一般質問を行いました。この日は倉掛小竹議員、芝尾郁恵議員、田中英輔議員、内場恭子議員の4人が、子育て支援、男女共同参画、健康寿命延伸、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」や人口ビジョン、介護保険などについて中村市長と議論を交わしました。なお、飯尾助広議員は体調不良で欠席し、通告を取り下げました。
 質問の中で、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に向けて策定する人口ビジョンについて、中村市長は「市の努力を織り込んだ実現性のある人口規模を設定したい」と答弁しました。古賀市の第4時総合振興計画の基本構想では、2021年の目標人口を65000人、推計人口を60850人と設定しています。今回の人口ビジョンではどう描くのか注目されます。
 17日は午前9時30分から5人の議員が一般質問を行います。
 傍聴ならびにインターネット中継をご活用ください。