食の祭典inニビシ 大勢の市民が参加

開会式で挨拶する末松繁雄社長
開会式で挨拶する末松繁雄社長

 3月14日の午前10時から、「2015春 食の祭典inニビシ」に参加しました。開会前から大勢の市民がお味噌や鍋の汁などを求めて集まってきました。
 開会式でニビシ醤油の末松繁雄社長が挨拶をしました。末松社長は、昨年は約4000人が集まったこと、6月に新工場建設に着工し生産性や環境配慮を向上させるとともに土地の有効活用・再配置を図ること、さらには古賀市の活性化のために貢献したいと述べられました。中村隆象市長、西昆の平嶋健一専務も挨拶されました。今年の5月17日には古賀市の食品工業団地で食の祭典が開催されます。
 私は会場で「鶏すき」などをいただくとともに、もつ鍋のタレなどを買い求めました。
 また「はなちゃんの味噌汁講座」にはたくさんの親子が参加していました。会場は鰹節でとった汁のよい香りでいっぱいでした。子どもたちに味噌汁を毎日飲んで欲しいと思います。


もつ鍋のタレなどを買いました
もつ鍋のタレなどを買いました