プレミアム商品券 発行倍増に向け5500万円の増額補正

朝日新聞(2月27日)
朝日新聞(2月27日)

 2月27日の朝日新聞はプレミアム商品券の効果について報じています。これは、政府の「3.5兆円の経済対策」の目玉施策である「使い道自由」交付金4200億円の中でプレミアム商品券が主流となっているからです。
 古賀市でも2014年度補正予算の一つとして、プレミアム商品券の発行増額に向けて5500万円が計上されました。財源は「消費喚起型交付金」という全額国庫支出金です。2014年度の発行額は2億2000万円で、商品券1冊を1万円で買うと1万1千円分の買い物ができるというもの。これを発行額を倍増するとともに、1万円で1万2千円分の買い物ができるようにしようという案のようです。
 この効果については議会の補正予算特別委員会等で議論される予定です。みなさんのご意見もお聞かせください。