古賀市が定例会に提出する議案を発表 当初予算200億円越す

西日本新聞(2月24日)
西日本新聞(2月24日)

 2月24日の西日本新聞は古賀市が3月議会に提出する2015年度予算案の概要を報道しています。総額200億5724万円(前年度比2.7%増)で初めて200億円を越しました。
 主な事業として生涯学習センター建設等12億7534万円、千鳥駅東口駅前広場整備などの用地取得費1億1653万円、花見東地区公園整備に1億4275万円、集団検診への歯科検診(無料)159万円などを紹介しています。
 また補正予算に盛り込まれ2015年度の実施する事業として、西鉄バス乗り放題定期券購入補助(3ヶ月定期で6割補助)2300万円、小中学生3人以上がいる世帯の第3子以降の学校給食費半額補助489万円が盛り込まれました。
 定例会の会期は2月26日から3月24日までで、一般質問は3月16、17、19日に行われます。
 さらに3月議会では副市長に横田昌宏氏(現総務部長)、教育長に長谷川清孝氏(現古賀東中校長)をそれぞれ選任、任命する人事案が提出されることも報じています。