国が認知症対策の新戦略 3年以内に看護師等による訪問チーム

認知症対策 早期の診断・治療の仕組みづくり
認知症対策 早期の診断・治療の仕組みづくり

 1月27日夜のNHKニュースは、政府が認知症対策の戦略を決定したと報道しました。認知症の方が2025年には700万人になるとの推計があります。3年後までに高齢者宅を訪問する看護師等のチームを市町村に設置することも含まれています。
 私は26日の一般質問で健康寿命延伸に向けた取り組みを提言しました。保健師などによる地域活動はますます重要になります。