古賀市議会 1月に延期された定例議会を開く

中村市長が所信表明を述べる(1月13日)
中村市長が所信表明を述べる(1月13日)

 1月13日の午前9時30分、平成26年古賀市議会第4回定例会を開きました。この定例会は、昨年の市長選挙の結果、中村隆象市長が当選したことに伴い1月に延期されたものです。
 中村隆象市長は、4年ぶり4期目を迎えるにあたり、今後の市政運営における所信を述べました。それは、子育て支援など6項目にわたるもので、1月22、23、26日に予定されている一般質問で議論が深められる予定です。
 総務、文教厚生、市民建産の各常任委員会委員長が閉会中の所管事務調査結果を報告しました。その中で、総務は公共交通について、文教厚生は地域福祉や子どもの権利など5項目について提言しました。
 今定例会には専決処分案件3件、条例制定案件1件、条例改正案件2件、補正予算案件3件、指定管理者の指定関係2件、工事請負契約案件1件、その他3件の計15案件が提出されました。13日はこれらの提出理由の説明が行われました。
 また請願2件が提出され所管委員会に付託しました。
 次回の本会議は1月15日の午前9時30分に開かれます。各議案に対する大綱質疑を行った後、所管の委員会に付託されます。
 議会傍聴やインターネット議会中継・録画をご活用ください。
 なお、常任委員会の委員長報告全文を議会ホームページにアップしていますのでご覧ください。