日本の人口 自然減が過去最多の26.8万人

朝日新聞(1月1日)
朝日新聞(1月1日)

 1月1日の朝日新聞は、2014年に国内で生まれた子どもの人数が過去最少の101万1千人で、逆に死亡した人数が126万9千人という厚生労働省の推計を報道しました。自然減は26万8千人と過去最多となる見込みとのこと。
 古賀市の2013年度における自然動態は50人の増です。超高齢化・少子化傾向が確実に進んでいます。福岡県内では自然増の中に入っています。グラフには福岡市と北九州市は除いています。


古賀市の自然動態の状況
古賀市の自然動態の状況