衆院選挙結果 古賀市での投票率や各党得票数の推移

自公は微減、民主が大幅減,共産の増となっています
自公は微減、民主が大幅減,共産の増となっています

 12月14日に行われた衆院選挙の結果が出ました。「自公大勝 3分の2維持」という結果です。
 古賀市ではどうだったのでしょうか。投票者数は23668人、投票率は50.81%と過去最低となっています。
 また比例代表の得票数で見ると、2012年の衆院選と比べて自民は7276票(-1)、公明は4614票(-91)、民主は3389票(-549票)、共産は2120票(+800票)、社民は659票(-75票)などとなっています。自公大勝というイメージとはだいぶ違う数字です。事項に決して強い支持があったわけではないと考査できます。
 しかし国政の今回の結果は古賀市にも大きな影響が予想されます。古賀市での有権者の選択の特徴をしっかり分析し、今後どう対応すべきかはしっかり検討していきたいと思います。

古賀市の投票率は過去最低となっています
古賀市の投票率は過去最低となっています