古賀市・高田区の要援護者避難訓練を見学

避難訓練反省会で議長としてあいさつ
避難訓練反省会で議長としてあいさつ

 12月14日の午前10時過ぎから、古賀市・高田区で行われた要援護者、一般区民による避難訓練に参加しました。福岡県の支援によるもので、今回は大雨を想定し避難勧告が発令。自主防災組織の責任者である区長が各組長等に連絡し、集会所に集合しました。100人近い区民が参加しました。
 集会所ではAEDの扱い方や心肺蘇生の訓練を真剣にしました。子どもたちも参加しました。
 反省会では宮本区長や坂本副市長のあいさつに続いて私も議長としてあいさつをさせていただきました。田中副議長、内場総務委員長、前野議員も参加していることを紹介したうえで、住民が実際に体を動かして避難訓練することの重要性をお話ししました。
 反省会の後、避難支援者の体験発表なども行われました。

AEDの意扱い方や心肺蘇生に子どもたちも参加(高田集会所)
AEDの意扱い方や心肺蘇生に子どもたちも参加(高田集会所)