古賀市の財政を考える 借金と貯金の推移をどう見るか

古賀市の借金と貯金の残高の推移
古賀市の借金と貯金の残高の推移

 古賀市の財政について実態を踏まえながら皆さんと考えたいと思います。古賀市の借金と貯金の推移をまず見てみます。2004年に約178億7000万円まで増加しましたが、中村市政時代に削減され現在では約132億円となっています。
 背景を少し説明します。借金が増えた主な要因は、森市政時代に単独で市制施行し、グリーンパークをはじめとする6大公共工事を実施したことがあげられます。
 特に大きな教訓はグリーンパークです。当初の計画を大きく見直さなければ、古賀市の財政はもっと厳しいものになっていました。グリーンパークは森市政時代に175億円規模まで膨らみ、当時の自民党国会議員も支えていました。私は当初から将来の古賀市の財政を圧迫すると市長選挙や議会の中で再三指摘しました。中村市政時代に150億円程度まで縮小しましたが、さらに検討が進み90億円程度まで圧縮しました。
 中村市政時代の行財政改革を経て、またグリーンパーク関連の返済も山を越し、今日の借金残高になっています。
 古賀市の財政を考えるとき、この経験は一つの大事な教訓と言えます。当時、大規模な計画を積極的に推進しようとしていた方々はどのように振り返っているのか聞いてみたいものです。