北筑昇華苑組合 広島・西風館(火葬場)を視察

最新設備の炉裏も見学(広島西風館)
最新設備の炉裏も見学(広島西風館)

 10月21日の午後2時から、北筑昇華苑組合(竹下司津男組合長、奴間健司組合議会議長)で広島市西風館を視察しました。古賀市、福津市、福岡市、糟屋郡7町で共同運営している昇華苑は共用開始から33年経過し、施設の建て替えなどを検討する必要があります。

 そこで、2011年度に新設された火葬場施設である広島市立西風館を視察することにしました。広島市健康福祉局保健部環境衛生課の安西洋一管理担当課長が説明してくれました。
 広島市には5つの火葬場があり、全体で30炉あり、年間10,450体を火葬。2040年に16,000体というピークの推計から西風館(10炉)が整備されました。建設費は52億円で、素晴らしい施設でした。特徴として、①指定管理者に運営を委託していますが、収入は市の収入としていること、②葬儀場を備えていること、③小動物の火葬を行っていること、④火葬料が市民で8,200円、市外で59,000円と低料金であること、⑤地元対策は道路や福祉センターの整備等で毎年の協力感謝費はないこと等です。
 今回の視察の成果を今後の建て替え計画の検討に活かしたいと感じました。

視察後に組合議長としてお礼のあいさつ
視察後に組合議長としてお礼のあいさつ
小動物の火葬も受け付けていました
小動物の火葬も受け付けていました