古賀市議会定例会を閉会

定例会最終日本会議(結城委員長の方向の場面・9月25日)
定例会最終日本会議(結城委員長の方向の場面・9月25日)

 9月25日の午前9時30分より、古賀市議会定例会の最終日の本会議が行われました。
<条例改正>
市税条例ならびに重度障害者医療費の支給に関する条例改正案を可決
<補正予算>
平成26年度古賀市一般会計補正予算(第2号)ならびに国民健康保険特別会計など6会計の補正予算案を可決...
<決算認定>
平成25年度古賀市一般会計決算ならびに6特別会計と水道事業会計決算を認定
<規約変更>
玄界環境組合規約の変更について可決
<請願>
「手話言語法制定を国に求める意見書の提出を求める請願」、「『農業・農協改革』への意見書提出に関する請願 採択」、「ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する意見書の提出を求める請願」は賛成全員で採択。「新設保育所建設計画の延期と再協議を求める請願」は不採択。採択された請願についてはそれぞれ意見書提出について可決。
<議員提案意見書>
「危険ドラッグ(脱法ハーブ)」の根絶に向けた総合的な対策の強化を求める意見書の提出について」、「戦後70年、平和国家として立憲主義を明確にし、恒久平和を求める意見書の提出について」を可決。
<決算審査の特徴>
決算審査特別委員会の審査結果報告では、公共交通の在り方に関する自由討議の内容が盛り込まれた。
<議運報告>
議運が、逗子市議会のiPad活用や藤沢市議会の議会改革の視察報告を行った。議会の電子化は議会改革の重要事項であり、進化するICT機器に関するスキルアップを図り、予算化も含めて研究すべきであるとしました。また福津市がICT推進委員会を立ち上げたことを紹介し、古賀市でも執行部で早急に検討することを要望した。

決算審査の在り方、政策資源である一般質問の活用、自由討議のあり方など多くの経験を積みました。定例会の反省点を協議する議会運営委員会は9月30日に開催されます。
なお、各委員会の審査結果報告書全文は議会ホームページに掲載しています。