エボラ熱対策 空港や指定医療機関で訓練

西日本新聞1面トップ(9月22日)
西日本新聞1面トップ(9月22日)

 9月22日の西日本新聞は「エボラ熱 備える九州」という見出しの記事を1面トップに掲載しました。
 その中で1種感染症の治療体制が整う指定医療機関の取り組みが紹介されています。福岡県では古賀市にある福岡東医療センターが指定医療機関です。上野道雄院長は「絶対に感染者が出ないとは言い切れない。院内で感染を封じ込めるため、万全の態勢を整えておきたい」とコメントしています。同センターでは9月初めに患者発生時の対応について協議、訓練をしています。