8月15日 平和の誓いを新たに

 8月15日は日本が第2次世界大戦で敗戦の日を迎えてから69年目の日。二度と悲惨な戦争を繰り返さない誓いを新たにする日としたいと思います。「今、進められている集団的自衛権の行使容認は、日本国憲法を踏みにじった暴挙です」。これは8月9日の長崎での平和祈念式典で被爆者代表がアドリブで発した言葉です。腹の底から発せられた力のこもった言葉です。
 今日に昼、黙とうをささげたいと思います。同時に、戦没者追悼式で安倍首相がどのような言葉を発するのか、注意深く聞きたいと思います。